私を悩ます年齢を重ねるにつれきつくなるわきが

わきがだと気づいたのは小学生高学年ごろ。

 

体育の授業中や夏にお父さんと一緒のわきがのにおいがしている思い恥ずかしかった。

 

それからは、毎日出かける前にスプレーやクリームを塗る毎日。

 

大人になるにつれにおいも少しづつきつくなりはじめ、今まで使っていたものではにおいをごまかせなくなったりして、何個か違うものを試して使っている。

 

全く効かないものもたくさんある。

 

普段はいつものデオドラントでいけるのだが、緊張したりして変な汗をかくと一気ににおいがきつくなる。

 

臭いことは自分が一番分かっているので、臭いと思われているかなと思えば思うほど、どんどん汗をかいてにおいが増す一方。

 

冬は厚着をするので何とかごまかせたりするけれど、夏は最悪。

 

薄着で半袖・ノースリーブの日が多いので、少しでもにおいがしないようにわきをなるべくしめてその場をしのぐ。

 

わきがにおっていると思った瞬間に他のことに集中できなくなり、友達や恋人と話す内容が一気に入ってこなくなる。

 

そんなに神経質になってわきのケアをしているわけではないが、匂った瞬間にアッと思ったり、塗り忘れも結構あるので出かけ先でヒヤヒヤすることも多くある。

 

わきがは病院ですぐ治ることも知っているがそこまでしてとも思うし、その反面これから先ずっとデオドラントを塗り続ける毎日はちょっと嫌だなと思う。

 

塗ってもにおいがあるときも多いのでそれじゃ意味ないし根本から直してもらいたいなとも思う。

 

私の旦那さんはわきがなど全くなく全然においがしない。

 

私には3人の男の子いるが、長男だけが私に似たみたいで年長ぐらいから少し兆候があり、小学校になって毎日汗をたくさんかいて帰って来るようになって、夏は特ににおいがする。

 

学校の友達に臭いと思われているのかなと思うと、私に似たせいで・・・と申し訳なさが込み上げてくる。

 

長男もこれから思春期になり彼女もできるだろうけど、毎日わきのケアをしていかなければならない。

 

男なので体臭ももっともっと臭くなっていくだろう。

 

私よりも長男に病院を紹介してあげなければいけなくなるのかなと思うこともしばしば。

 

申し訳なさもありつつ、今は病院で簡単に治すことができるので、よっぽどであれば躊躇せず病院へ行くことも選択の一つではないかなと思う。

 

人それぞれコンプレックスや体の悩みはあるのだろうけど、私は人よりわき以外でも体臭があるほうなのかなと思っているので、体臭があまりない人をとてもうらやましく思うし、そんな風に生まれてきたかったなと思う。